温泉/銭湯で100円がサッと出るポーチ!逆さにしてもコインが落ちないよ♪

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ日常・家事

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ

◆100円やコインがサッとだせるポーチ

日帰り温泉やスーパー銭湯には、100円が必要なコインロッカーがよくありますね。

服を脱いでから「あれぇ!?100円いるんだ」となってお財布から取り出す。。。

これ、ちょっとした手間。

それに温泉のワクワク気分が下がってしまうことに。

100玉が、すぐにサッととりだせたらいいのに。。。

そんなことを考えて作ってみたポーチです。

眼をつぶっていても100円が取り出せ、バッグの中で逆さになってもお金が落ちない

100円やコインがサッと出せるポーチ

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ コイン5個

◆コイン5個入れてもOK 逆さまもOK

コイン5個までなら、サッと出せて、逆さにしても落ちません。^^

最初は100円を二個入れるつもりで作ったのですが、5個まで入るのがわかりました。

  • 100円玉5個までの500円
  • 100円玉500円玉の合わせて4個までの900円
  • 500円4個の2,000円

の組み合わせまででき、自販機でジュースを買うなど重宝しています。

逆さまにしてもコインが落ちないのは

それは、マジックテープで開閉することにしてあるからです。

コインがマジックテープのごく近くにあることで、動かないようにしてあります。

100円やコインがサッとだせるポーチ 大きさ

このポーチの大きさ:たて12×よこ20(センチ)、マチ6.5(センチ)

スキンケア関係の小さなものがいくつか入る大きさです。

着替えなど入ったお風呂バッグに、サッと入ります。

では作り方を早速紹介しますね。

100円やコインがサッとだせるポーチ 材料型紙

表示はすべてセンチです。

材料

  • 表生地・裏生地・芯になる生地:たて17×よこ22 各二枚
  • コインをいれるポケット生地:たて5.0×よこ5.5 一枚
  • マジックテープ(接着剤なしがよい):たて1.5×よこ8

(芯になる生地の代わりに接着芯を利用してもOK)

型紙

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ 型紙

◆本体とポケットの型紙

  • 本体の型紙はぬいしろ1センチを含む
  • コイン用ポケットの型紙はぬいしろ0.5を含む

作り方

1・型紙通りに三枚の布を切る

100円 コインがサッと出せるポーチ 本体の型紙

◆本体の型紙 ぬいしろ1センチ含む

たて17×よこ22の布を用意し、左右の下三センチ四方を切り落とします。

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ 生地の用意

◆生地の用意

表布、裏布、芯の布の三種類を、同じように2枚ずつ用意します。

そしてコイン入れのポケット用を一枚。

2・裏生地に芯をつける

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ 裏地に芯をはる

◆裏地に芯をつける

のりを芯生地にうすくつけ、裏生地と重ねてつけます。

私はのりはミシン針が通るところをさけてつけています。

3・表側、裏側を作る

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ 中表で三か所縫う

◆中表で三か所縫う

表布を中表にして三か所をぬいしろ1センチでぬいます。

同じく、裏布を中表にして三か所をぬいしろ1センチでぬいます。

(※あけ口と三センチの切断したところは縫わない)

ぬいしろを割りアイロンをあてる。

4・縫い目を合わせて底を作る

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ 角を合わせてぬい底をつくる

◆角を合わせて縫い底をつくる

角を合わせて縫い、底を作る。

これで筒状になり、表側だけを表に返します。

5・あけ口をととのえる

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ 裏生地を入れ底をあわせる

◆裏生地を入れ底をあわせ口を1センチ折る

裏生地を中に入れ、底をぴったり合わせます。

それぞれの開け口を、1センチで折りアイロンをあてます。

6・あけ口の周囲を縫う

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ 開け口を縫う

突き合わせにして合わせて、端から2ミリのところを縫います。

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ 底

◆底の様子

7・コインポケットを作る

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ コインポケットの型紙

◆コインポケット型紙

では次にコインポケットを作ります。

型紙には0.5センチの縫い代を含みます。

筒状に縫い表に返す

コインポケット 縫い目は中央に

◆コインポケット 縫い目は中央に

たてに中表に半分に折り、5ミリの縫い代で縫います。

ぬいしろを割ってアイロンをあててから表に返します。

縫い目は中央にします。

両端を折りポケットにする

コインポケットの位置とマジックテープの位置

◆マジックテープのすぐ下にコインポケットを

両端を5ミリ折りアイロンをあててから、上の辺以外の三辺を内側にまつりつけます。

マジックテープ(たて1.5×よこ8)のすぐ下にとりつけます。

マジックテープは上から1センチの位置に。

まつりつけるときは、糸が表に出ない方がよいと思います。

8・完成!100円やコインがサッとだせるポーチ

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ

◆完成!

閉じたとき、コインがマジックテープに一部挟まれるので、逆さまにしても落ちません。

口さえ閉じていれば、バッグの中でコインが散らからないので、いいですよ。

まとめと終わりに

100円やコインがサッとだせるポーチ 逆さまにしてもコインが落ちない小物入れ コイン5個

コインを5枚入れると、さすがに重みでポケットがたわみます。^^

日帰り温泉などでは、100円コインロッカーがよくあるので、サッと取り出せると気分は上々。

温泉・銭湯ファンの皆様へ。(^^♪

<使用した生地>

  • 表生地:ウール
  • 裏生地:さらし
  • 芯地:木綿のきなり芯地

自立して立つために、芯をつけて作っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました