スポンサーリンク

家族5人でなごやかに食事中

「よく噛んで食べる」のは、誰にとっても大切なことですね。

子供のころから言われているのに、大人になっても忘れがちな人は多いはず。

では、よく噛もうと思えば、どんな食品がよいのでしょう。

すぐ思いつくものといえば「スルメ(あたりめ)」くらい。。。?

そこで食事のとき「よく噛むもの」を食卓に並べられたらいいなと思い探してみました。

  • 噛む回数の多い食品について
  • 「噛む」ことの利点(健康効果)
  • 子供に「噛む習慣」をつけさせるにはどうしたらいいか

大切なのに忘れがちな「噛む」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

噛む回数の多い食品

よく噛むにはどうしたらいいかを考えるより、噛む回数の多い食品を食べればいいですよね。

そこで噛む回数が自然と多くなる食品を並べてみます。

スポンサーリンク

噛む回数80回以上(多い順)

10 グラム あたりの咀嚼回数の多きものから順に並べています。

()ないは飲み込むまでの噛む回数です。

噛む回数の多い食品、たこ

  1. タコの刺身(220)
  2. せんべい(162)
  3. 松前漬け(116)
  4. クルミ(108)
  5. フランスパン(108)
  6. 人参スティック(100)
  7. レバー(98)
  8. 昆布(85)
  9. たくあん巻き(84)
  10. 刻みキャベツ(82)
  11. ヤリイカの刺身(80)

咀嚼回収80回以上のものが、これだけあります。

自然にこれだけの回数、噛んでいるのですね。

噛む回数60回以上(多い順)

同じ条件での噛む回数60回以上のものを並べます。

回数の多い食品のうち皮つきりんご

  • いんげんのソテー(79)
  • きのこのソテー(75)
  • かまぼこ(75)
  • らっきょう(74)
  • 皮付きリンゴ(74)
  • ローストビーフ(66)
  • 磯辺餅(65)
  • 耳あり食パン(62)

白米は?噛む回数の少ないものは

ご飯・白米一人前

白米は41回です。

30回以上噛みましょうと言われていますが、平均して41回噛んでいるのです。

噛む回数の少ない食品も見てみましょう。

噛む回数の少ない食品、バナナ

  1. バナナ(7)
  2. 冷奴(10)
  3. そば(15)
  4. 里芋の煮ころがし(22)
  5. 厚揚げ(24)
  6. 焼きなす(25)
  7. ゆで卵(33)

(斎藤滋・柳沢幸江著『料理別咀嚼回数ガイド』(風人社)より)

噛む回数の多い食品の特徴

自然と噛む回数が多くなる食品をできるだけ食卓にあげることが、意識せずに噛む回数を増やすことになりますね。

上にあげたものの特徴をまとめると、

噛む回数の多い食品の特徴
  • かたいもの
  • 弾力のあるもの
  • 手をあまり加えていないもの
  • 汁気の少ないもの

そして食物繊維の多い食品もあげられます。

高繊維食は低繊維食に比べて食事時間が約30%以上長くかかり、噛む回数も20回以上増えると言われています。(熊本県歯科医師会のHPより)

繊維の多い食品といえば、

  • 穀類:玄米・胚芽米・麦めし・とうもろこし
  • 豆類 :煮豆(大豆、うずら豆、あずき) 納豆・おから
  • きのこ類 :しいたけ・しめじ・えのき

といったところがよく利用される食品かと思います。

これらのことを念頭において、「自然とよく噛む食事」にしたいですね。

 

スポンサーリンク

噛むことの利点、健康効果

「よく噛むことが体にいい」のはわかっていますが、一度おさらいしましょう。

唾液の分泌量が増える 消化吸収を助けるため胃腸の負担が減る
むし歯や歯周病を予防する 唾液には、細菌の発育を抑制する作用、免疫力を高める作用、歯の再石灰化作用などがある
肥満予防になる 早食いより少量で満腹感がおとずれる
食事誘発性体熱産生(DIT)があがる 食事による代謝があがりエネルギー消費が増える
脳を活性化し認知症を予防する

噛むための筋肉を使うので血行がよくなり、頭部に運ばれる血液が増える

また噛む刺激が脳に伝わることで脳が活性化、認知症を予防する効果が期待できる

そして発育期には、よく噛むことで顎の発育を促したり、味覚を発達させます

そのため子供には「よく噛んで食べる」習慣をつけさせたいと、親は思うわけですね。

でもそれは簡単ではないですよね。

「30回噛むのよ」といって手本を見せても、子供はあまり興味を示しませんものね。

子育ては気長に努力するしかありませんが、

子供の好きなもので「よく噛む」しかない食品を与えるのはよいでしょう。

食事以外の「おやつ」に、そのチャンスはあるかもしれません。

子供にとって噛まずにいられない美味しい「おやつ」

きらず揚げ二種類(おとうふ工房いしかわ)かたいお菓子

それには「噛まずにはいられない食品を用意する」ことが先決かも。

昔はするめ(あたりめ)をよく食べさせられた、という人もあるでしょう。

先に挙げた「噛む回数の多い食品」の中の二位にせんべい(162回)がありましたね。

そう、せんべいは子供のおやつに最適。

ただしせんべいは「お米(うるち米)」で作られてので、お腹がふくれやすい。

それはは良い点です、が、「おやつ」に栄養もというなら、こんなお菓子はどうでしょう。

若いお母さんに人気なのが、おからで作ったかたいお菓子

きらず揚げ(おとうふ工房いしかわ)の黒糖きなこ

きらず揚げ(おとうふ工房いしかわ)の黒糖きなこ味

これ、とてもかたくて歯ごたえありますよ

原料は、「国産小麦粉・粗糖・菜種油・おからパウダー(国産大豆)・黒ごま・食塩/膨張剤(重曹)」

お豆腐屋さんが作っている、素材にこだわった「かたいお菓子」で、かなりの人気ぶり。

きらず揚げ(おとうふ工房いしかわ)の黒ごま

きらず揚げ(おとうふ工房いしかわ)の黒ごま味

こちらおなじ「きらず揚げ」で、かたい。

子供のお菓子にはやわらかいものが多い現代、「子どもに安心でかたいお菓子を」ということから生まれたといいます。

何種類かあるので私はお店で食べ比べて買いましたが、地元愛知県と近辺でしか店舗販売はしていません。

遠い人は通販で。

一袋300円未満なので、「かたさ」と「噛み応え」を試してみるといいですよ。

created by Rinker
おとうふ工房いしかわ
¥1,706 (2019/08/26 13:14:41時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク