スポンサーリンク

基礎化粧品の保湿の順番(今さら聞けない)美容液は目的をもって使うが正解

スキンケアの順番、間違っていませんか?

きちんと保湿をしていれば、毛穴を防いでつやのある肌になれますよ!

特に「美容液」っていつつけるのがいいかご存知です?

私たちの若いころ覚えたスキンケアは、「美容液」って存在しなかったですよね。

それに化粧品会社を変えると、違う順で教えられることもありますし。

そこで、そこで!

基本中の基本のスキンケア「基礎化粧品のつける順番」をおさらいしておきましょう。

ここをきっちり行うことで、保湿は完璧です

保湿がきちんとできていると、顔の小さな黒ずみが消えてしまうかもしれないほどなんです。

それほど保湿の効果って期待できるからです!

 

スポンサーリンク

基礎化粧品のつける順番

まず、基礎化粧品をつける順番です。

まず洗顔します。

そして次の1から順に、基礎化粧品をつけていきます。

基礎化粧品つける順番
  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液
  4. クリーム

この順番で行うことで、お肌の保湿が正しく行えます。

美容液については、必要な場合だけ付けてくださいね。

なーんだやっぱりね、と思ったあなたは正解です。

ただ、この通りでない場合があるので、要注意です!

 

スポンサーリンク

つける順番は製造会社によって違うことも

違う場合というのは、化粧品メーカーによっての違いです。

化粧水メーカーによっては、成分を最大限に発揮する為に、シリーズで販売しているものがありますよね。

そういう場合は、製造会社側が全ての過程を通して、肌荒れを解決するために研究されたものになります。

ですから、同一シリーズを使う事が前提の順序になっています。

化粧品会社を変えるとき、新たなメーカーの単品を購入するとき、いつどのタイミングでつけるかはその都度確かめる方がいいですね。

以上をまとめると、

  • 基礎化粧品は、肌荒れを解消し保湿を目的に使うもの
  • つける順番は、1.化粧水、2.美容液 3.乳液 4.クリーム
  • ただし、メーカーによって順序がかわることもある

 

つける順序がわかりました、でも話はこれだけでは終わりません。

必要なのは、肌の保湿効果を最大限に得ること!

それにはいったいどうしたらいいでしょう?

 

スポンサーリンク

それぞれの基礎化粧品の役割・働き

そのためには、基礎化粧品のそれぞれの役割・働きを知っていると効果が違います。

つける順に見ていきますね。

「化粧水」の役割・働き

化粧水は、肌のキメを整えると共に、毛穴を引き締める働きがあります。

化粧水を最初につけることで、その後につける化粧品の浸透を助ける土台を作ることになります。

化粧水は、たっぷりと十分に利用することが大切。

効果的なのは二度付けです。

数分~10数分おいて二度付けすると、水分をたっぷりのせることができます。

洗顔後できるだけ早く化粧水をつけましょう

時間がたつほど、肌表面の水分はとんでいってしまいますから。

 

「美容液」の役割・働き

基礎化粧品の保湿の順番(今さら聞けない)美容液は目的をもって使うが正解、美容液の役割・働き

美容液は、肌に栄養素を与える役割です。

  • 肌荒れを解決するために特化された成分
  • 美白成分
  • エイジングケアを目的とした成分

などを目的別に配合したスキンケア化粧品です。

ですので様々な効果のある美容液が、多数販売されています。

自分の肌の状態や、エイジング目的に応じた美容液を選んで使いましょう。

 

「乳液」の役割・働き

乳液は、肌の潤いを保護する役割のほかに、肌を柔らかくする効果が

柔らかく弾力がある肌は若々しい印象になります。

 

そして「乳液」で終了してしまっていませんか?

本当はここで終了してしまうと大変もったいないのです。

なぜなら乳液にはある欠点があるからです。

それは、「乳液は潤いを保てる時間が少ない」という事です。

なので乳液をつけた後は、クリームを併用することが効果的に潤いを保つことになります。

乳液をつけたお肌は、肌が柔らかくなっていて、保湿用のクリームが効果的に作用します。

 

「クリーム(保湿クリーム)」の役割・働き

最後につけるのがクリーム。

クリームは乳液で潤いを保護した肌の保湿を、さらに保護し保ちます。

また、つけてきた化粧水・美容液・乳液の「保湿や栄養素などを肌から逃さない」という働きがあります。

クリームまでつけて、完璧な保湿となります。

 

以上のように役割や働きをしって利用してみてください。

意識してスキンケアすると、お肌もきっと応えてくれるはず。

さて、保湿が完璧に行われていると、顔の小さな黒ずみが消えてしまうかもしれないと最初にいいましたね。

それについてですが、
妙齢になると、お肌の毛穴が何かと目立ってきます。
 
基礎化粧品を正しく使っているはずなのに、毛穴ができてしまった!という悩みが多くなってきます。
 
 

毛穴は保湿で防ぐ

基礎化粧品の保湿の順番(今さら聞けない)美容液は目的をもって使うが正解、毛穴ケアにふさわしい保湿

毛穴ができるのは、肌の乾燥がきっかけです!

 

なぜ毛穴ができる?

なぜ毛穴ができるのか、それはこんな肌のサイクルになっているからです。

毛穴ができる肌のサイクル

まず肌が乾燥する

⇒皮脂がより多く分泌される

⇒過剰な皮脂が毛穴を詰まらせる

⇒それが余計に毛穴を拡げてしまう!

 

きっかけが「肌の乾燥」からだったのです。

そして、

⇒多く分泌された皮脂が、毛穴に残っていた汚れや古い角質と混ざり合い、ニキビや黒ずみの原因になる!

からです。

こんな状態にならないようにするために、日ごろの保湿がとても重要になってくるのですね。

 

スキンケアの順番はこれ!最高の保湿で毛穴のない肌に!今さら聞けない?まとめ

スキンケアをするのは、一にも二にも保湿のため。

順番を間違えずに使えば、ふっくら若々しい肌を維持できます。

毛穴予防のためにも保湿はとっても重要。

 

よほど「忙しいから」の理由がなければ、自分のお肌に手をかけてあげたいですね。

天然 馬油 【5個で送料無料】馬神油 120ml 食用にも、スキンケア (乾燥肌 保湿ケア)にもご好評を頂いております。食べられる 馬油 食用 馬刺し専門 若丸 馬の油 ばあじんゆ バーユ ばあゆ まあゆ sh
created by Rinker
スポンサーリンク