スポンサーリンク

ファインヘナのパッチテストで発赤、植物アレルギーでショック、ファインヘナの中身

初めて使う「ヘナ」のパッチテストで、皮膚が赤くなりました!

「ヘナ」は天然素材でできているから、やさしい白髪染めで安心だわ。

っと思ってためしたのですが。。。

さきほど「お客様相談室」に電話してみました。

「パッチテストで反応する人はごくごくわずか」ということでした。

とはいえ、

私はもう「ヘナ」の白髪染めはできない!?

みたいなんです、ショック。

でもパッチテストのおかげでわかったので、ここに体験した経過を残しておきます。

 

スポンサーリンク

植物染料「ファインヘナ」でかぶれた経過

ファインヘナのパッチテストで発赤、植物アレルギーでショック、ファインヘナ

天然素材で安心~、と軽い気持ちで試したのは「ファインヘナ」

ドラッグストアにおいてあって、カップ状の白髪染めです。

ファインヘナのパッチテストで発赤、植物アレルギーでショック、ファインヘナの中身

これまで市販の二剤の白髪染めでは、まったく問題がなかった私。

今度も大丈夫なはずです。

鼻歌うたいつつ、「面倒なパッチテストはやめておこう」っと。

そう思っていたものの、「やはり念には念をいれるか」とやってみました。

 

スポンサーリンク

パッチテストは面倒・48時間も

ファインヘナのパッチテストで発赤、植物アレルギーでショック、腕の内側でテスト中

左腕の内側にパッチテスト。

床に寝て右手で写したものです。

ちょっと多くぬりすぎたかな?

説明書には、「ヘナペーストを綿棒で腕の内側に10円硬貨大にうすくぬり、そのまま触れずに30分放置します。」

とあります。

このあとさらに48時間放置して様子をみるわけです。

これはどこの白髪染めも同じやり方と思います

(面倒だわ。。。っと思いつつも)

 

約6時間後に赤くなっていた

で、どうだったかというと、

午後2時ごろパッチテストを始めて、赤くなったのと気づいたのが午後8時ごろ。

気づいたときは6時間たっていました。

ラップを巻いて濡れないようにお風呂にはいったのですが、

少し濡れてしまいました。

痛くもかゆくもないので、変化があるなんて思いもしませんでした。

余分の染料を落としてよく見ると、ぬったところが赤くなっていました!

その様子は写真に残してありませんが、

とにかく「えええええ!!!」

びっくり仰天!!!

その夜は寝て、翌朝になったら赤みはひいていました

 

翌々日お客様相談室に電話

一応、製造者のファインヘナ(株式会社三宝)のHPのよくあるお問い合わせのページを確認したら、

A.どのような製品であっても、残念ながら、お客様の体によってはかぶれる場合があります。また、これまで問題なくカラーリングされていた方が、突然アレルギー反応をおこす場合もあります。
そのため、安全にお使いいただけるよう、ご使用の前にパッチテストを必ず行うよう、お客様にお願いしています。現在、これに代わる有効な確認方法はないようです。
一度でも皮膚に異常が現れた場合は、ご使用を中止し、パッチテストも行わないようにしてください。

翌日はショックがおさまらず、そのままにしましたが、

翌々日、お客様相談室に電話してみました。

パッチテストで赤くなったことを告げ、次の二点を確かめました。

  • 私はどの成分にアレルギーを起こしてしまったのか。
  • しばらくおけば、ヘナをまた試せるのか。

すると、電話の方は、

「その中のヘナに反応した可能性が高い」とおっしゃいます。

ファインヘナの材料は6種類あります。

「どのハーブ、成分かは皮膚科で調べてもらわないとはっきりわからない」と。

ちなみに、私の試した「Fine Hena(ファインヘナ)」の配合成分は、

  • ナンバンアイ葉
  • ハイビスカス花
  • カマラ
  • ヘンナ
  • アムラ
  • シカカイ

の6種類です。

ヘンナが「ヘナ」のことだそう。

「ヘナ」が原因と確定したら、

今後いっさい「ヘナ」の入った商品は使ってはいけない。

ということなんです!

「ヘナ」で白髪染めしようとした心中は、

ゆっくり発色してくれればいい」

髪を傷めたくないから安全性の高いもので」との想いだったのです。

 

スポンサーリンク

ヘナの材料の基本二つのハーブ

ファインヘナのパッチテストで発赤、植物アレルギーの体験談、ヘナの材料

商品はジアミン・漂白剤・パラベン不使用

ヘナの染めの材料は、「ヘナ 」と「インディゴ」の二つのハーブが基本で、

ヘナはオレンジ色に発色し、

黒っぽくするためには、インディゴというハーブをいれなけれます

インディゴを合わせて入れることで、

茶色→濃い茶色→焦げ茶→ほぼ黒へと染めることができます。

私は白髪を黒っぽくしたいです。

でもインディゴ(この白髪染めではナンバンアイ葉)に、アレルギーを起こしたのかもしれません。

ヘナを扱う美容院さんのサイトには、

「インディゴでアレルギーを起こす人がある」とかかれていたので、

ヘナよりインディゴの方がアレルギーをおこしやすのかと思っていました。

 

パッチテストで救われることも

ちなみにファインヘナのお客様相談室で、

「アレルギーはどれくらいおこるかわかりますか?」

とも聞いてみました。

そのお返事は、

「同社のヘアカラートリートメントで6万販売した商品のうち、申告した人が3件あった」

そうです。

わざわざ電話やメールをしなかった人は、数十件はあるかも。

もしパッチテストで皮膚に変化があったのが60件としたら、

60÷60,000×100=0.1

たった0.1%です。

「こんな少ない確率に当たるなんて、実は私はスゴイのかも??」

最近睡眠不足が続いていて、更年期も終わり、

体質が変化してしまったのかもしれません

 

※ヘナは二剤を使う白髪染めより、アレルギー反応は少ないといわれています。

 

パッチテストしてよかった

今では「頭にぬってからでなくてよかった」とほっとしています

頭にぬってしまっていたら、

頭だけでなく全身に、何か症状がでたかもしれませんから。

 

丁寧な対応の相談室

髪を黒くしたいので、色はダークブラウンを選んだのですが、

アレルギーの原因が何なのかは、

「皮膚科で確かめるしか方法はない」と、お客様相談室の方はやさしくいわれました。

対応はとても丁寧だったのが印象的です

 

書いているうちに気持ちが立ち直ってきました。

「ヘナ」が髪にやさしく、ハリコシのある髪を育てるのに役立つという評判は高いです。

私のような体験は、ごくごくまれなことですから、

髪と頭皮を守りたい人にとっては、よい商品だと思いますよ。

created by Rinker
テンスター
¥791 (2019/09/22 23:01:16時点 Amazon調べ-詳細)

あれ?ドラッグストアでは1,600円ほどしたのに。

 

スポンサーリンク