炭酸泉の入浴剤・高濃度でおすすめを自宅で・温泉ソムリエが秘湯を

本格炭酸泉の入浴剤、温泉ソムリエが驚いた秘湯、12袋入り日常・家事

本格炭酸泉の入浴剤、温泉ソムリエが驚いた秘湯、12袋入り

自宅のお風呂で、高濃度の本格的な炭酸泉が楽しめる、それも「秘湯」が楽しめるのでおすすめしたい!

この冬寒さが厳しいですよね。

そこで、温泉の中でも「炭酸泉」といわれる温泉は保温効果が高いのでおすすめです。

こう言い切る私は「温泉ソムリエ」です。

せっかくの入浴剤です。

どんな「秘湯」の入浴剤なのか、「本格炭酸の温泉」をみてみましょう。

「本格炭酸の温泉」に選ばれた三つの温泉

温泉ソムリエが驚くほどの温泉に選ばれたのは、

  • 湯屋下島温泉(飛騨小坂)
  • 七里田温泉(大分)
  • 花山温泉(紀伊)

あまり聞いたことのない温泉ですね。

それもそのはず、どこも交通の便の悪いところにある秘境の温泉だからです。

以下三か所の温泉地と炭酸泉を紹介します。

湯屋下島温泉(飛騨小坂)

湯屋下島(飛騨小坂)の温泉に似せた入浴剤

◆湯屋下島温泉の入浴剤

湯屋下島温泉は、岐阜県下呂市小坂町にある温泉です。

「全国屈指の炭酸含有量を誇る炭酸泉」の温泉です。

有名な下呂温泉の影に隠れてしまっていますが、飲むこともできる炭酸泉で非常に珍しいのです。

飲むと胃腸病などによく効くといわれていますよ。

といっても入浴剤のお風呂は飲んではいけませんね。

温泉街に行くと「湯屋温泉飲泉場」があり、気軽に飲用できますよ。

七里田温泉(大分)

大分県の秘湯、七里田温泉の泉質をまねた入浴剤

◆七里田温泉の入浴剤

七里田温泉は、大分県竹田市久住町にある温泉です。

弥生時代の古い昔から湧く炭酸泉で、日本一以上?ともいわれる高濃度の炭酸泉の温泉です。

「天然のソーダ水」と言われていて、入るとすぐに泡がまとわりついてきますよ。

血行がよくなるので、身体がくすぐったくなるような感覚になる人も。

花山温泉(紀伊)

花山温泉(和歌山県和歌山市)高濃度炭酸泉と鉄含有泉

◆花山温泉の入浴剤

花山温泉は和歌山県和歌山市にある温泉です。

炭酸ガスの圧力で自噴する源泉で、全国屈指の高濃度の炭酸泉の温泉です。

さらに鉄分を多く含むので、茶色い色をしています。

効能も多いプレミアムな名湯なのです。

「炭酸泉」ってどんな温泉?

「炭酸泉」といわれる温泉は、入ると細かい泡が体中についてくる温泉です。

お湯の中に二酸化炭素(炭酸ガス)がたくさん溶け込んでいるわけです。

気泡が体にびっしりとついて、はじけて消えるときにプチプチっとした爽快感も感じられますよ。

ちょっとくすぐったいような感じもします。

炭酸泉の効果効能は?

炭酸ガスが皮膚から吸収されて、毛細血管が広がり血液の循環を良くします。

また心臓の拍動を増やすことなく血液の循環がよくなるので、血圧を下げる効果もありますよ。

高血圧や心臓病に効くとされるのはこのためです。

5分間炭酸泉に入浴すると、通常の入浴の5倍血液循環がよくなるといわれています

すごいですよね。

最近はスーパー銭湯でよくみかけるようになりました。

適応症としては

  • きりきず
  • 抹消循環障害
  • 冷え性
  • 自律神経不安定症

があります。

(注意)温泉の湯を再現しているわけではないです

温泉ソムリエ協会の公認の入浴剤ですが、三か所の秘湯を再現しているわけではないです。

そうパッケージにかかれています。

炭酸ガスがが発生するように、成分が配合されているものです。

本物の温泉より炭酸は少ないけど

三か所の温泉は、いずれも「高濃度炭酸泉」の温泉で名湯です。

入浴剤ですから、本物の温泉と同じような炭酸ガスの量がでてくるわけではないです。

でも、体に付くときはじけるときのプチプチ感は、なかなかのもの

ちょっとこそばゆいかもしれません。

  • 湯屋下島温泉につかるときは、ヒメシャガの香り
  • 花山温泉につかるときは、あじさいの香り
  • 七里田温泉につかるときは、ミヤマキリシマの香り

楽しみつつ、お湯の色を楽しみつつ、ゆったりできますよ。

温泉地にいったような気分にひたれるかも。

 

温泉大好き!だからとってしまった、ソムリエ認定証

温泉ソムリエ認定証

炭酸泉の入浴剤・高濃度でおすすめを自宅で・温泉ソムリエが秘湯を・まとめ

炭酸泉の入浴剤は数々ありますが、イチ押しのおすすめが「本格炭酸」の入浴剤の三種類入り「温泉ソムリエが驚いた秘湯」。

本格炭酸泉の入場無料、温泉ソムリエが驚いた秘湯

◆温泉ソムリエが驚いた秘湯 入浴剤

本格炭酸泉で血行がよくなりあたたまる、おすすめの入浴剤です。

あれ?同じ商品は通販にはないかな?

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました