スポンサーリンク

髪を丈夫にする亜鉛とビタミンの働き、亜鉛が多い食品

50代からでも髪の毛を丈夫で健康的にすることはできます。

そのとき必要なものは、髪をつくる栄養素です(当然ですね)。

つまり「たんぱく質」「亜鉛」「ビタミン」が絶対必要です。

ただ、これらをたくさん食べればいいかといえば、それだけではありません。

これらを効率よくとることが大切です。

もちろんストレスを減らす、良質な睡眠をとるなども必要です。

ここでは、丈夫な髪の毛のための栄養をとるのに、今できることを一緒に考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

髪の毛は90%がたんぱく質でできている

髪の毛のほとんどは「たんぱく質」でできています。

髪の全体量の約90%がたんぱく質。

そのたんぱく質は、「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質です。

ケラチン」は20種類あるアミノ酸の種類のうち、一部が結合して作られる成分です。

だから、たんぱく質が不足していては、話になりません。

必要な量がとれているかが重要ですね。

 

スポンサーリンク

一日に必要なたんぱく質の量

一日に必要なたんぱく質の量は、

成人女性は、体重1キロあたり1グラムです(激しい運動をしていない人)。

体重50キロの人は50グラム。

体重60キロの人は60グラムです。

あくまでたんぱく質の量なので、お肉100グラムを食べたから100グラムということではないです。

お肉100グラムあたりのたんぱく質は20グラムほど

体重50キロの女性の必要なたんぱく質50グラムのためには、ゆで卵なら7.7個(一個で13グラム)分です。

必要なたんぱく質の量をまずはとることが最初の課題です。

 

亜鉛がたんぱく質を髪の毛に変える!

髪を丈夫にする亜鉛とビタミンの働き、亜鉛が多い食品、牛肩肉

さて、たんぱく質を必要量とっただけでは、髪の毛になりません!

タンパク質を、髪の毛に変える働きのあるのが「亜鉛」です。

亜鉛は髪を作る元である「毛母細胞」を活発化させます。

亜鉛が十分足りていれば、髪が順調に作られます。

ところが亜鉛は吸収されにくいミネラル。

通常の日本の食事では不足しやすいのがわかっています。

亜鉛の吸収率をあげるために、以下のものと一緒にとるようにしましょう。

  • 動物性たんぱく質
  • レモン・酢などのクエン酸
  •  ビタミン C を含む食品

 

一日に必要な亜鉛の量

成人女性では、一日8ミリグラムの亜鉛が必要です。

通常の食事では過剰になることはほぼありません。

少ないからとサプリメントをとるのもよいのですが、過剰摂取が問題です。

というのも、亜鉛をとりすぎると、欠乏、貧血、胃の不調など様々な健康被害が生じることが知られています。

そのため、女性は35ミリグラムまでが推奨されています。

 

亜鉛不足が抜け毛を招く

私が非常に重要だと思うのは、亜鉛不足です。

とっても吸収されにくい亜鉛は、不足すると抜け毛をまねきます!

50代からの人生に、なくてはならないミネラルなんですね。

また亜鉛不足で、肌荒れ、かぜをひきやすい、味覚障害などがおこりやすくなります。

 

アルコールが亜鉛不足をまねくことも

さらに「亜鉛」は、体内でアルコールを分解する時に必要になります。

アルコールをよく飲む私には、痛い話です。

アルコールは、体が吸収する亜鉛の量を減少させ、尿中に排泄される亜鉛の量を増加させます

そのためアルコールをとりすぎると、せっかくとった亜鉛が、髪の毛の成長につながらない!ということに。

亜鉛の働きをまとめると、

「亜鉛」の働きと効率よいとり方・まとめ
  • 毛母細胞に働きかけたんぱく質を髪の毛にする
  • 亜鉛は吸収されにくいので、動物性たんぱく質・クエン酸・ビタミンCと一緒にとる
  • アルコールは亜鉛の吸収を阻害するのでとりすぎない

 

亜鉛が多く含まれる食品食材

髪を丈夫にする亜鉛とビタミンの働き、亜鉛が多い食品、かき

「亜鉛」は意識しないととりにくいミネラルですから、多く含んでいる食材を覚えておきましょう。

亜鉛が多く含まれる食材は、牡蠣、牛肩赤身肉、ラム肩肉、豚レバー、

髪を丈夫にする亜鉛とビタミンの働き、亜鉛が多い食品 するめ

するめ、ホタテ貝など。

毎日食べるのはちょっと難しそうな食材ですね。

毎日がムリなら、サプリメントもいいのですが、

ただ、さっき書いたように亜鉛の過剰摂取は、銅欠乏、貧血、胃の不調などを起こすことがわかっています。

女性は35ミリグラムまでを念頭において、サプリメントを選んでくださいね。

 

薄毛対策にはビタミンが欠かせない

髪を丈夫にする亜鉛とビタミンの働き、亜鉛が多い食品、ビタミンが欠かせない

薄毛の対策・予防に必要な栄養は、「たんぱく質」と「亜鉛」そして「ビタミン」が不可欠です。

ビタミンの主な役割は、他の栄養素が十分機能するように働きかけます。

ですから、ビタミンが不足しないよう心がけなくてはなりません。

特に髪に必要なビタミンは、A、B群、C、Eです。

ビタミンは体の中で作り出せませんから、やはり食べ物でとることになります。

ビタミン類は主に野菜に多いので、いろいろな野菜をとるようにしたいですね。

効率よく野菜をとるには、野菜のジュースやスムージーもおすすめ。

自分で作るのが一番よいですが、砂糖なしの野菜ジュースもビタミン豊富です。

 

薄毛対策になる食べ物は、「たんぱく質」「亜鉛」「ビタミン」の栄養素。

亜鉛を含む食品、ビタミンを多く含む食品を知ってまずは食べましょう。

効率よくとるためには、サプリ・ジュースも検討してもいいかもしれませんね。

カゴメ 野菜一日これ一本 200ml 24本 1ケース 紙パック 野菜ジュース 1本あたり65円(税別) 長S

created by Rinker
¥1,680 (2019/05/19 20:28:53時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク