革靴のカビ取り方法・家にあるもの/アルコールや除菌シートで体験報告

革靴(革のブーツ)のカビ日常・家事

革靴(革のブーツ)のカビ

◆革靴(革のブーツ)のカビ お見苦しくてごめんなさい

物置から取り出した革靴(革のブーツ)にカビがびっしり!

どうしよう!?っと焦ったのですが、調べてみたところ。。。

え?家にあるものでもカンタンにカビが取れるみたい

それも専門家のすすめるカビ取り方法として!

で、早速試してみました。

  1. ハンドジェル(手指消毒用アルコール75%)
  2. ハンドスプレー(エタノール濃度62~65%)
  3. トイレ掃除シート

革靴(革のブーツ)のカビ取りをハンドジェル・ハンドスプレー・トイレ掃除用除菌シートで試す

◆革靴(革のブーツ)のカビ取りを試したもの

革靴のカビ取り・ハンドジェルで試す

革靴のカビ取り・ビフォー

革靴(革のブーツ)のカビ取り・ハンドジェルで試す

◆革靴(革のブーツ)のカビ取り・ハンドジェルで試す、ビフォー

まずはハンドジェルでカビが取れるか試してみました。

右足のブーツの内側のみを。

試したのは手指消毒用アルコール75%のハンドジェル。

ハンドジェル(手指消毒用アルコール75%)

◆ハンドジェル(手指消毒用アルコール75%)

ハンドジェルを白い木綿の布につけて、カビのあるところをなでてみます。

すると、

力をいれなくても、スルッとカビがとれました!

念のため二度ぶきしました。

革靴のカビ取り・アフター

革靴(革のブーツ)のカビ取り・ハンドジェルで試す。アフター

◆革靴(革のブーツ)のカビ取り・ハンドジェルで試す、アフター

まだらにカビの繁殖があったところは、きれいサッパリに

白い布に茶色の色素が少しつきました。

これまでお手入れしてこなかった革のブーツなので、クリームくらいぬってあげなきゃ。

革靴のカビ取り・ハンドスプレーで試す

革靴のカビ取り・ビフォー

革靴(革のブーツ)のカビ取り・ハンドスプレーで試す。ビフォー

◆革靴(革のブーツ)のカビ取り・ハンドスプレーで試す。ビフォー

今度はカビが取れるかどうか、右足の靴の外側でハンドスプレーで試してみました。

試したのは、エタノール濃度62~65%のハンドスプレーです。

ハンドスプレー(エタノール濃度62~65%)

◆ハンドスプレー(エタノール濃度62~65%)

スプレーを白い布にたっぷりふきつけて、さーっとカビのところをなでてみると。。。

力をいれなくても、スルッとカビがとれました!

先ほどのハンドジェルと同じようにとれます。

そして念のため二度ぶきしました。

革靴のカビ取り・アフター

革靴(革のブーツ)のカビ取り・ハンドスプレーで試す。アフター

◆革靴(革のブーツ)のカビ取り・ハンドスプレーで試す。アフター

あの醜いカビのあとが、きれいサッパリととれました。

今度は布に色はつきませんでした。

カビのないところから⇒カビのあるところへと拭き、全体を拭きました。

思った以上にさっとカンタンにとれて、拍子抜けです。

そして最後、左足の靴にはトイレ掃除用の除菌シートで試してみました。

革靴のカビ取り・トイレ掃除用除菌シートで試す

今度は左足の靴を、トイレ掃除用除菌シートでカビ取りできるか試してみます。

革靴のカビ取りのために トイレ掃除用除菌シート

◆トイレ掃除用除菌シート

使ったのはトイレで流せるタイプのトイレ掃除用除菌シート。

革靴のカビ取り・ビフォー

革靴(革のブーツ)のカビ取り・トイレ掃除用除菌シートで試す。ビフォー

◆革靴(革のブーツ)のカビ取り・トイレ掃除用除菌シートで試す。ビフォー

左足の靴は主にかかとにカビがたくさんついてしまっています。(>_<)

右足の靴より、もっとカビシミが濃いです。。。

シートを一枚出して、同じようにさーっとカビのところをなでてみると。。。

おや!これもスルリとカビがとれていきます!

ゴシゴシしなくても、弱い力でとれていきますよ。

新しいシートで左足の靴全体を拭いておきました。

そして念のため二度ぶき。

革靴のカビ取り・アフター

革靴(革のブーツ)のカビ取り・トイレ掃除用除菌シートで試す。アフター

◆革靴(革のブーツ)のカビ取り・トイレ掃除用除菌シートで試す。アフター

いやいや、思った以上にさーーーっとカビが取れてしまいました。

たいした力をいれなくても、カビの姿はなくなりましたよ。

あっけないくらいです。

家にあるもので革靴のカビ取り・三種類の結果

  1. ハンドジェル(手指消毒用アルコール75%)
  2. ハンドスプレー(エタノール濃度62~65%)
  3. トイレ掃除シート

三種類試してみましたが、いずれもサッとカビが取れました

いずれも消毒・除菌が目的のもので、手指消毒用とかトイレ掃除用なら、家にあるという人も多いはず。

アルコール濃度62%のものでもさっと取れたので、手軽ですよね。

他に家にあるもので、重曹もよいということですが、今回はアルコール系で試してみました。

この後カビを繁殖させないために

カビが取れたら、このあとは乾燥をします。

風通しの良い所に2~3日おいて、完全に革靴の湿気を取り除きます。

日光があたるところなら、さらに抗菌できてよいですよ。

もちろんその後の保管も、湿気のないところで。

今後カビをはやさないために

革靴(革のブーツ)のカビ

カビがはえた革靴の姿をみると、すごくショックでした。

もう二度とカビをつけないぞ。

そのためにはカビが繁殖しやすい条件を知って、その対策を。

カビが繫殖する三条件

カビはこの三つの条件がそろうと繁殖します。

  1. 70%の以上の湿度
  2. 20から30度の気温
  3. 栄養分

このいずれかが の条件が揃うとカビが 繁殖してしまいます。

湿度は60%から活発に活動し始め、80%以上で一気に繁殖。

カビが最も生育しやすい温度は25から28°c。

栄養分というのは、食べかす・ほこり・汚れ・ダニなど。

革靴の場合は、汚れやほこりが栄養分になります。

革靴にカビを繁殖させないためにすること

上記の繁殖の三条件のいずれかを取り除くこと、ですね。

  • 乾燥した(風通しの良い)場所に保管する
  • 20度未満のところに保管する
  • 革靴の汚れやほこりをとるために、ブラシをかける

全部でなくいずれかを取り除けば、カビは繁殖しませんから。

二日以上続けて同じ革靴をはかないようにするのも、カビ防止になります。

それにしても、物置に置きっぱなしにしたのは失敗でした(反省)。

革靴用のクリームをぬって革を保護するとさらに持ちがよくなります。

カビを除去する時にやってはいけないこと!

それは、水で落とすこと

布に水をつけてふき取ると、そのときはカビが落ちたようにみえるのですが、

湿度が高まることでかえって増殖させることに!!

革靴のカビ取り方法・家にあるもの/アルコールや除菌シートで体験報告・おわりに

家にあるもので革靴のカビ取りができるか試してみたところ、意外に簡単にできてうれしかったです。

100均にも「カビ取りスプレー」があるらしいですし、除菌シートやアルコールをつけた布でもできるとわかり、一安心。

アルコールはすぐに揮発するので、屋外か風通しの良い場所でおこなう方がよいです。

一度はいた革靴は次の日は休めて、しまうときは1~2日確実に乾燥させてからしまう。

靴箱に湿気がたまりやすいので、時々扉をあけて空気を通すか、乾燥剤をいれておくのもよいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました