スポンサーリンク

肌を美しく保つには潤い肌・保湿力を高める方法は美肌菌と味噌でした

乾燥肌を改善する食事に味噌はかかせません!

食材をバランスよく食べ、そして味噌を毎日食べると肌にうるおいがでます。

肌が整いだしたら、自前の「美肌菌」を利用して、さらに保湿力のある肌をめざしましょう

これからの夏の紫外線も肌にダメージを与えます。

夏の紫外線はたった40分で、表皮の細胞の核が変形してしまうそう。

すると表皮のバリア機能が失われて、肌の水分がなくなっていく。。。

その解説策は?

それが「味噌」です

 

スポンサーリンク

味噌で美肌になる新常識

肌を美しく保つには潤い肌・保湿力を高める方法は美肌菌と味噌でした、みそで美肌になる

水分をたっぷり含んだ美肌になれる、新常識といえば、

「味噌を食べること」です。

お味噌を食べると体の内側から水分を増やすことができるのです!

ミソガールで有名な藤本智子さん(32歳)は、

1日100 グラム の味噌をとって皮膚のトラブルから解放されたのだそう。

 

スポンサーリンク

みそで保湿ができるわけ

味噌には「グルコセシルセラミド」という成分があります。

肌の表皮の一番下にある基底層に、肌の細胞を活性化させる細胞があります。

味噌の「グルコセシルセラミド」成分はそのスイッチをおします

すると肌の細胞が活性化されます。

お味噌はほかに肌のバリア機能がアップするとわかっています。

肌が元気になって肌の水分量がアップするというわけです。

 

みそ汁一日二杯で内側から水分アップ

お味噌には肌の角質層の水分をアップさせる働きがあることが分かりました。

この研究をされているのは、北垣浩志先生(佐賀大学教授)。

番組の実験では、1日に2回味噌汁を食べる、それを2週続けました

それだけで、肌の角質層の水分量がなんと1.4倍にもなりました。

また顕微鏡で見ても、キメも非常に細くなっていたのが分かりました。

若手芸人のきくちゃん が試していましたが、この時は「インスタント味噌汁」だったんです。

それでも効果は確実に出ています。

インスタントでも味噌の成分は変わらないので、本当に誰でもできる方法ですね。

 

スポンサーリンク

美肌は水分の多い肌のこと

美しい若々しい肌は、肌表面の水分の保有量が高いですよね。

「美と若さの新常識NHK」の番組で、計測器で水分の保有量を測っていました。

計測器にもよりますが、番組のものは43%を目標値に。

ゲストのIKKOさんはずば抜けて多く、54%も

水分量の多い肌は、キメも細かく見るからに、ぴちぴちとした肌です。

もちろん乾燥やかゆみなどのトラブルがなく、化粧のりもよい肌です。

「水分の多い肌=美肌」であるといえるのです。

では、どうしたらIKKOさんのように、水分を多く保てる肌になるのでしょうね?

 

「美肌菌」が多い肌は水分の多い肌

次に実験していたのは、「美肌菌」の量です。

水分の多い肌には「美肌菌」がたくさんいることがわかりました。

IKKOさんの肌には美肌菌が、1平方センチメートルあたり36,000個もいました。

普通の人で、数百から数千個です。

「いったいどんだけ~!?」驚きの数です!

 

「美肌菌」を増やせば美肌になれる新常識

肌を美しく保つには潤い肌・保湿力を高める方法は美肌菌と味噌でした、美肌菌を増やせば美肌になれる

「美肌菌」は誰の肌にも常在している菌です。

美肌菌を増やすと、肌の水分量が増えることが分かっています

「美肌菌」はどんな菌かと言うと、

誰の肌にも住み着いている菌で、「表皮ブドウ球菌」という名前です。

美肌菌の働きは三つあります。

美肌菌の働き
  • グリセリンを出す
  • 抗菌ペプチドを出し悪玉菌を減らす
  • 悪玉菌の栄養を奪い取りつかせない

グリセリンというのは、化粧水などの保湿成分としても入っている、トロッとした液体です。

つまり、

「美肌菌」は、肌をしっとり保ち悪玉菌を寄せ付けないのですね。

スゴイですね、美肌菌。

 

「美肌菌」の増やし方(育菌生活)

肌を美しく保つには潤い肌・保湿力を高める方法は美肌菌と味噌でした、美肌菌を増やすコツ

ではどうやったら「美肌菌」を増やせるのでしょう?

大丈夫、誰でも美肌菌を増やすことができます!

その方法を教えて下さったのは、出来尾格(いたる)先生(皮膚科医・肌の常在菌研究の第一人者)。

出来尾格(いたる)先生おすすめの美肌菌の育菌
  • 朝の洗顔に洗顔料は禁止
  • 就寝前に軽い運動を行う
  • ホエー液で週2回パックする

これを元 AKB48の野呂佳代さん(34歳)が試したところ(期間2週間)、

美肌菌は20,000個から28,000個に増えていました!!

就寝前に軽い運動をすると、汗をかきますね。

その汗と皮脂を、寝ている間に美肌菌が餌として食べるのだそうです。

ホエー液というのは、ビフィズス菌入りのヨーグルトの上澄みです。

ホエー液にフェイスマスクをひたして、 一回5分から10分パックします。

これを週2回。

乳酸菌のホエー液を塗ると美肌菌が増えることがわかっているからです。

これは出来尾先生の「秘策」として紹介されました。

美肌菌を育てる「育菌」は誰でもできる方法なんですね。

潤いが欲しい人は、試してみる価値がありそうですね。

 

乾燥肌の改善になる食事は味噌!美肌菌を増やせば保湿力をアップできる!まとめ

乾燥肌の人は食事に味噌を。

お味噌は肌の水分を保つ働きを、助けることができます。

水分の多い肌は美肌、そのためには「美肌菌」を増やすこと。

先に紹介した方法なら、誰でも毎日のケアで増やすことができます。

 

「美と若さの新常識・NHK」で紹介されていた内容をまとめました。

乾燥肌にサヨナラして、トラブルのないお肌になりましょうね。

お味噌汁はインスタントでも効果は同じ、常備したいですね。

アマノフーズ フリーズドライ味噌汁 いつものおみそ汁 なす 9.5g×10食セット【あす楽対応】
created by Rinker
スポンサーリンク